So-net無料ブログ作成
検索選択

パスファインダー [キャラメルボックス]

昨晩観に行ってきました。感想です(ネタバレあり)

<パスファインダー
○キャスト
笠岡光春(P・フレック研究員)…岡田 達也
笠岡秋路(光春の兄 大学院生)…陳内 将
リン(小学生)…木村 玲衣
倉敷臨(P ・フレック研究員)…岡内 美喜子
野方耕市(P・フレック 開発3課課長)…西川 浩幸
吉本(P・フレック 開発2課課長)…石原 善暢
赤磐(リンの叔父)…三浦 剛
絵子(秋路の恋人 編集者)…渡邊 安理
○内容
 笠岡光春は23年前に亡くなった兄・秋路に会うため、クロノス・ジョウンターで過去へ跳ぶ。23年前に到着した瞬間、偶然通りかかった少女と衝突。少女は頭を強く打ち、記憶を失くしてしまう。

 クロノスシリーズ最新作です。なんと、梶尾さんから許可を得て成井さんが作成したオリジナル作品です。でも、予想以上に梶尾さんが書いたと言われても違和感ない感じに仕上がっていました。
 作風としては、「布川輝の軌跡(あしたあなたあいたい)」に近いのかな~。人の死を阻止したいという熱望があるわけでもないし。過去に行って自分の思いを伝えたいだけなので過去にいることに執着がないし。
 お話としては、光春は23年前に心臓病気で亡くなった兄・秋路(シュウジ)に「あなたに憧れて研究者になりました」と言いたくて過去へと跳びます。ところが、23年前に到着した光春は偶然通りかかった小学生のリンとぶつかり怪我を負わせてしまいます。しかも、大学で研究をしていると思っていた兄は役者をやるため休学していたのです。
個人的には、劇中劇の「また逢おうと竜馬がいった」で三浦くんが竜馬を演じていたのが違和感ありすぎで笑えました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。