So-net無料ブログ作成
検索選択

誓約 [本]


誓約

誓約



<内容>
捨てたはずの過去から届いた一通の手紙が、封印した私の記憶を甦らせるーー。十五年前、アルバイト先の客だった落合に誘われ、レストランバーの共同経営者となった向井。信用できる相棒と築き上げた自分の城。愛する妻と娘との、つつましくも穏やかな生活。だが、一通の手紙が、かつて封印した記憶を甦らせようとしていた。「あの男たちは刑務所から出ています」。便箋には、それだけが書かれていた。

 過去に犯罪を犯した人間は幸せになっていいのか?って感じのお話でした。ツッコミどころも多かったけど面白かったですよ。
 主人公の高藤文也(向井聡)は、生まれた時から顔に大きな痣がありました。そのせいか、両親に捨てられ施設で育ちましたが、顔の痣のせいで周りから気味悪がられ虐めらていました。う~ん。大概の親は、子どもの顔に大きな痣があるからって捨てないよな…。むしろ「こんな顔に生んでしまってごめんなさい」って思いながら治療チャンスをうかがう気がする。って意味ではもともと高藤の両親ってろくでもなかったんだろうな~。
 やがて、高藤はグレって犯罪を繰り返すようになります。そして、ヤクザに重傷を負わせ追われる身になってしまいます。その時出会ったのが、娘を凌辱され殺された過去を持つ末期がん患者の坂本伸子。伸子は高藤と「犯人が出所したら殺す」ことを条件に500万円をあげる契約をします。そして、高藤はそのお金で整形手術と新しい戸籍を買い、向井聡として新しい生活を始めます。妻と娘、そして、共同経営ながら店も持ち幸せになった高藤の元に、ある日亡くなったはずの伸子から「あの男たちは刑務所から出ています」という手紙が届きます。娘を人質に取られ、殺人を強要された高藤は、本当に犯人を殺すのか?また、脅迫者は亡くなった伸子なのか?って感じでお話が進んでいきます。
 結局犯人は○○だったんですけど、気の長い復讐だよな~。しかも、見当違いもいいところだし。いやまぁ、与えられていた情報だけならそう判断しても間違いではないんだけど。 結局のところ、良い悪いは別として法で裁くより仇討制度の方が遺族のためにはなるのかな…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。