So-net無料ブログ作成
検索選択
舞台関係 ブログトップ
前の10件 | -

追憶のアリラン [舞台関係]

昨日、千秋楽だった舞台を観に行ってきました。感想です。

<追憶のアリラン (劇団チョコレートケーキ)>
○キャスト
豊川千造(朝鮮総督府平壌地方法院検事局 三席検事)…佐藤 誓
豊川咲子(千造の妻 クリスチャン)…月影 瞳
中垣飛松(朝鮮総督府平壌地方法院検事局 首席検事)…岡本 篤
緒方武夫(同 次席検事)…菊池 豪
川崎豊彦(同 四席検事)渡邊 りょう
荒木福次郎(朝鮮総督府平壌憲兵隊長)…佐藤 弘幸
朴忠男(検事局朝鮮人事務官)…浅井信治
金公欽(人民裁判委員)…大内 厚雄
李孝三(人民裁判取調官)…西尾 友樹
任白龍(看守)…青木 シシャモ
崔承化(人民裁判朝鮮側証人)…辻 親八
崔仁恵(承化の娘)…永井 若葉
○内容
太平洋戦争末期の朝鮮。朝鮮総督府平壌地方法院検事局に赴任した豊川は、日本人と朝鮮人を平等に扱う公平な検事として働いていた。やがて、戦争が終結し豊川たちは戦犯として捕らえられ…

 良いとか悪いとか言えない気持ちにさせるお話でした。植民地支配は今の常識に照らし合わせれば悪いことだと思います。ただ、今の私たちの常識であの時代を裁くのも漠然とながら違う気がしています。それに、結局のところ「植民地」だったのか「併合」だったのか、「虐殺」があったのか?なかったのか?、「慰安婦」はいたのか?いなかったのか?なんてタイムトラベルできなければ真実は闇の中なので論争したところであまり意味がない気もします。まぁ、自分なりの考えは持っているけど。
 さて、お話としては軍事裁判ものなんですが、と同時に国籍を超えた友情の物語(豊川と朴)でもあった気がします。それにしても、この時代に生きていた朝鮮人にもいろいろな人がいるな…。朴のように一人の人として豊川たちを信頼した人もいれば、李のように日本人全員が憎くてしょうがない人もいる。ちなみに、今回のあつをさんは、ソ連に亡命していたエリートで、出世することしかあまり興味がないって感じの役でした。衣装は…。人民服?って感じでカッコイイとは言い難かったけどメガネ姿に若干萌えてしまいました(笑)
 あの戦争から70年が経とうとしています。現在も朝鮮半島は北と南に分かれたままです。本当は両国が一つになれれば良いのだろうけど、現在の経済格差や政治なんかを考えると難しいのかな…(まぁ、韓国の言っているような、日本人が金を出せば良いだろう的な意見は論外ですが)それに、別々の国として生まれた人たちが7~80%を超えた今、本当に一つの民族という意識が生まれるのか?っていうのも疑問の余地が残りますね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

駆けぬける風のように [舞台関係]

昨日、東京千秋楽の舞台を観に行ってきました。感想です。

<駆けぬける風のように(D-BOYS10th Anniversary Dステ15th)>
○キャスト
立川迅助(新撰組隊士)…和田正人
沖田総司(新撰組一番隊隊長)…陣内将
土方歳三(新撰組副長)…遠藤雄弥
小金井兵庫(新撰組隊士)…加治将樹
三鷹銀太夫(新撰組勘定方)…堀井新太
中岡慎太郎(陸援隊隊長)…山田悠介
宿毛嶺八(陸援隊隊士)…土屋シオン
鳥沢鍬平(陸援隊隊士 新選組の間者)…前山剛久
坂本龍馬(海援隊隊長)…岡田達也
南国塊人(陸援隊隊士)…三浦剛
安芸岳次郎(陸援隊隊士)/良順(医師)…筒井俊作
大月博之進(新撰組砲術師範)…鍜治本大樹
○内容
慶応3年10月、新選組は大政奉還を画策した坂本竜馬を追っていた。斬り合いの最中、喀血した沖田をかばった迅助は背中を斬られる。局中法度を破った咎で切腹を言い渡された迅助は10日以内に下手人をあげれば切腹を免除すると土方から言われる

 D-BOYSさんはお初ですが、キャラメルメンバーが出ていて成井さんが作・演出なら観に行くでしょうってわけで観に行ってきました。う~ん。やっぱりイケメン揃い。と言っても2階席の真ん中あたりだったので顔はそんなによくみえなかったんですけどね。客席は7:3でDのファンの方が多かった気がします。つまりアウェー。ちょっと居心地悪かったです。
 お話としては、「裏切り御免!」と「降りそそぐ百万粒の雨さえも」の間の出来事です。密偵中に陸援隊の人たちに見つかり切り合いとなってしまった迅助たち。そこで、斬り合いになり背中を斬られてしまった迅助は士道不覚悟の罪で切腹を言い渡されてしまいます。しかも、庇った沖田も一緒に。そこで、迅助と沖田は一生懸命に下手人を探すのですが、なかなかみつかりません。一方龍馬の方も、陸援隊のメンバーにせっかく考えた案(今後の政治プラン)を夢見語りだと一蹴されなかなか厳しい立場に。
 見どころは、なんと言っても途中で出てくる筒井君演じる良順先生かな?(オイ ^_^;)どう観ても「風光る」から出てきたとしか思えない風貌でハイテンションに暴れまくる姿がすっごく面白かったです。
 ちなみに、ちょっとセリフが速すぎたかな。もう少しゆっくり喋ってもよかったのにって思いました。だからなのか少し言葉がロレっていたのが気になりました。
 東京公演は終わってしまいましたが、まだ、名古屋大阪公演が残っているそうなので気になった方はぜひ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

どんぶりの底 [舞台関係]

昨晩観に行ってきました。感想です。

<流山児★事務所 創立30周年記念公演「どんぶりの底」>
○キャスト
泥棒…若杉宏二
浴衣の女…月船さらら
男1…大内厚雄
博士…大久保
大家奥さん…伊藤弘子
幹事長…栗原茂
病身の女…佐藤華子
木工職人…里美和彦
男3…富沢力
暗い感じの女…平野直美
傾きをささえている男…小暮拓矢
掃除の女…坂井香奈美
警官…武田智弘
饅頭売り…桐原三枝
大家…根本和史
坊主…土井道肇
男2…塩野谷正幸
○内容
隕石が落ちた跡地にできた貧乏長屋。そこには、日がな一日ギャンブルに興じる男たちや、泥棒、腐れ坊主に、傾いた壁を支え続ける男などが住んでいた

 予想はしていたけど、やっぱり意味不明(笑)まぁ、そういうのを脚本家の戌井にお願いしたらしいので狙い通りと言えばそうなのかな?
 舞台は、何時の時代のどこの国とは言えない(「今はない北海道が~」とか言っているので日本?なのかな。)ところ。そこは昔隕石が落ちた場所(クレーター)の中にできた「どんぶりの底」と呼ばれるスラム街です。そこには、ろくな仕事もなくギャンブル(チンチロリン)と酒に興じる男たちや、病気(伝染性?)で余命いくばくもない女房を抱えた大工の男。情夫と通じて夫(大家)を殺そうとしている女などが住んでいます。そんなわけで場面が超汚い。(イメージとしては、東南アジアあたりのスラムのイメージ)そして、内容自体もドタバタコメディだけど結構下品。好き嫌いは120%分かれる気がします。昔のアングラ演劇が好きな人向き(もしくはそういう系を見たい人向き)なのかな。
 今回大内さんは、ギャンブル狂で大工の女房から病気をうつされる男役でした。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

田園に死す<最終上演> [舞台関係]

で、昨日はあつをさんが出演している作品を観にいってきました。

<田園に死す>
○内容
父親のいない「私」は、恐山の麓の村で母と暮らしている十代の少年。楽しみはイタコに父親の霊を呼び出させて会話をすること。「私」の家の隣には他所から嫁入りした若い人妻が住んでおり、意中の人。ある日、村にやって来たサーカス団員から「私」は、外の世界の事を聞かされ、憧れを抱く。「私」は家出を決心し、同じように生活が嫌になった隣の人妻と共に村を離れる。駅で待ち合わせ、線路を歩く二人・・・・・ここまでが映画監督になった現在の「私」が製作した自伝映画の一部・・・・「私」は、少年時代の自分自身に出会う。映画で描かれた少年時代は脚色されており、真実ではないと言い放つ。

 観に行くのも3回目だからわかっちゃいたけど、やっぱり意味不明だった。まぁ良いか。今回はビブリア古書堂で寺山作品を紹介していたので、あとでなんか読んでみようかな~。(でもやっぱり理解できなさそう)
 昨日の会場の男女比率は4:6くらいで女性が多かったかな。まぁ、平日だしね(そういう問題か?)でも、千秋楽ってこともあり「そこ席じゃないよね?」って場所まで人が入って超ぎつぎつ。なので、客席から登場する天野さんが通り辛そうでした。
 さて、この作品。千秋楽だからなのかファイナルだからなのかわからなかいけどテンション高かった~。そして、あいかわらず下ネタもすごい。
 あつをさんは、流石に3回も同じ役をやっているので超安定していました。
 好きかと問われると微妙としか言えない作品だけど、観れないと言われるとなんか寂しいな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ヒア・カムズ・ザ・サン(舞台) [舞台関係]

金曜日の夜に観に行ってきました。感想です。ちなみに今日(1月26日)が千秋楽です。おもいっきりネタバレでいきます。

<ヒア・カムズ・ザ・サン>
○キャスト
古川真也(「月刊ポラリス」の編集者)…阿部丈二
榊宗一(HAL 白石の友人)…西川浩幸
大場カオル(「月刊ポラリスの編集者 真也の恋人)…岡内美喜子
大場輝子(カオルの母親)…大森美紀子
白石晴男(カオルの父 脚本家)…三浦剛
安藤みずほ(「月刊ポラリス」編集長)…小林千恵
長島茂雄(カオルの他部署の友人)/麻井辰夫(小説家)…小多田直樹
池内まみ(「月間ポラリス」編集者)…渡邊安理
○内容
 真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。

 有川さんの同名小説の舞台化です(2作収録されてますが前半の方です)今回残念なことに、自分の目の前に座っていた方が、がたいの良い男性だったのでよく見えず、体を右に左にとずらしてみていました。集中して見ていたかと言われると微妙~。
 2011年の震災直後にやったハーフタイムシアターで成井さん作の「ヒア・カムズ・ザ・サン(若干内容をかえていますがパラレルの方)」をおこないました。その際、白石役だった西川さんが病(脳梗塞)に倒れ急遽もう一本の作品に主演していた岡田達也さんが代役を務めました。今となってはって感じですが、西川さんのダメオヤジな白石は想像つかないというかなんというか…。西川さんには有川さんバージョンの方が似合っているな~って気がしています。(ある意味では結果オーライ?)
 さて、今回ですが小説から脚本用に役が変わっている人がいます。長島くんです。小説ではノーマルな男性編集者だったんですが、こっちではオカマさん(笑)しかもカオルの親友で、過去に真也のことが好きだったことがあったりします。最初みたときはビックリしましたよ。小多田くんがカマ口調で喋ってる?!しかも違和感ないし。いつか「ミラージュ」を再演した時にはあつをさんがやった尾花沢くんをやって欲しいと思っちゃいました。
 そういえば、今回も有川さんがカーテンコールでご挨拶してくれたんですが、舞台に出た時にはもうすでに涙でグショグショでした。(カーテンコール受けている姿に感動していたらしい)
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

樹海 [舞台関係]

昨日観に行ってきました感想です。

<樹海 ~SEA of THE TREE~>
○キャスト
佐々木(加齢によるなんとなくの不安により)…岡田達也
リエ(東大卒のフリーター 秀才で美人だけど、過去にイジメられていたことがあり、また女性であるが故にやりたいことができずにいる。生まれ変わりたいと思っている)…佐藤めぐみ
齋藤(元会社社長 何をやっても大成功をおさめるが故に生きている実感がない)…井之上隆志
高橋(元カリスマ美容師 経営していた美容室が倒産借金・一家崩壊を苦に)…石井正則
タヌキ…納谷真大
キツネ…鈴井貴之
○内容
 死を望んで樹海に入った4人。偶然鉢合わせた4人は「ここが自分の死に場所だから出ていけ」と言って譲らない。やがて4人は”誰がこの場所で死ぬのが相応しいか”プレゼンし始めるが…。

 面白かったです。それにしても、石井さんが菅野さんに見えてしょうがなかった…。小さいし声質も似ているからかな?
 さて、樹海で出会った4人。この中に一人だけ○○な人がいます。予想は少ししていたけどちょい怖かった[バッド(下向き矢印)]でも、もう一度観てどういう言動していたか確認したいかも。
 な~んて書くと、恐くてドロドロしたお話を想像してしまいますが笑いどころばっかりの面白いお話ですよ。特に井之上さんが面白い×2。まぁそうは言っても、互いに罵っている場面がほとんどなので役者さんはのどをやられそうで大変そうだけど…。(特に石井さんが)
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

パパ、アイ ラブ ユー! [舞台関係]

昨晩、あつをさんが出演している舞台を観に行ってきました。感想です

<パパ、アイ ラブ ユー!>
○キャスト
デーヴィッド・モーティマー(医師)…大内 厚雄
ヒューバート・ボニー(医師 デーヴィッドの同僚)…唐沢 龍之介
ローズマリー・モーティマー(デーヴィッドの妻)…田所 草子
ジェーン・テート(デーヴィッドの元愛人)…稲野 杏那
レズリー(ジェーンとデーヴィッドの息子)…太田 鷹史
マイク・コノリー(研修医)…熊倉 功
サー・ウィロビー・ドレーク(病院の理事長)…ワダ タワー
ビル(年老いた入院患者)…持永 雄恵
婦長…祖父江 桂子
看護師…吉岡 亜沙美
警官…細身 慎之介
ヒューバートの母親…蓬莱 照子
○内容
クリスマスが押し迫ったロンドンのとある病院。デーヴィッドはこれから昇進をかけた記念講演を成功させるためスピーチの練習に余念がなかった。しかし、そんな彼のもとにかつての愛人ジェーンが現れ「二人の間には息子がいて、しかも実の父親を探すためにこの病院に来ている」と告げる。

 えっと、数年前に上川さんと近江谷さんでやった「イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー」と同じ舞台です。
 今回は、下北沢の駅前劇場という小劇場だったので↑の時とは舞台の幅が半分くらいな感じかな?(そこまでは狭くないか)でも、所狭しと駆けずり回ってました。そして、あつをさんとかはスーツ姿なんで結構暑そうでした。あと、理事長役のワダさんが身長がすごく高い(推定190cmオーバー)人で、一回素でセットの扉に頭をぶつけていました。身長高すぎるのも大変ね~。
 今回の見どころはなんといっても、あつをさんの女装と熊倉さんのプリンセススタイルかな。すんごいごっつい体しているけど似合わなくもない(?)キモカワ系でした。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

田園に死す 2012 [舞台関係]

昨晩観に行ってきました。感想です。

<田園に死す>
○キャスト
新次…大内厚雄
シンジ…小暮拓矢
しんじ…深谷洋貴
新司…眞藤ひろし
地獄…日下部そう
極楽…武田智弘
テラ…小寺悠介
ままはは…長尾奈奈
セツ…平野直美
せつ…坂井香奈美
化鳥…伊藤弘子
化鳥のダンナ…沖田乱
出演者多数のため以下省略
○内容
恐山の麓の村で母・セツと二人で暮らしている十代の少年シンジ。シンジの楽しみは、イタコに戦地で亡くなった父親の霊を呼び出してもらい会話することだった。そんなある日、村にやってきたサーカス団員から外の世界のことを聞いたシンジは憧れを抱き、家出を決意するが…。

 初演のときは理解不能だったので、今回はそもそも理解しようとも思わずに観てきました。そしたら、なんとなくわかったような気がしなくもないけどやっぱり理解できませんでした(笑)
 内容としては、たぶん
(A)恐山の麓で母と二人暮らししているシンジが都会へ家出する(厚雄さんが登場するくらいまで?)
(B)↑は2×年後の新次が自叙伝映画を作っていてその内容だった
(C)でも、結局↑もスズナリで上演されている舞台の内容だった
みたいな感じなんでしょうか?よくわかりません。入れ子細工形式も2個までが自分の理解能力の限界なんだと実感しました。
 前回観た時は、現代だったら確実に問題あるような差別用語にビックリしたんですけど、今回は前半部分のあまりの下ネタの多さにビックリしました。あれって、寺山さんの原作に忠実なのか?それとも流山児さんの趣味???でも、映画や書籍で確かめる気にはあまりならないな~。
 厚雄さんは、髪型とかがイモっぽかったけど相変わらず恰好良かったです♪
 
 

十一ぴきのネコ [舞台関係]

今年の舞台初めです。昨日観に行ってきました。

<十一ぴきのネコ ~子どもとその付添いのためのミュージカル~>
○キャスト
天晴れ指導者のにゃん太郎…北村有起哉
穏健温和仏のにゃん次…中村まこと
旅廻りのにゃん蔵…市川しんぺー
徴兵のがれのにゃん四郎…粟根まこと
軍隊嫌いのにゃん吾…蟹江一平
木天蓼のにゃん六…福田転球
逆恨みのにゃん七…大堀こういち
猫撫で声のにゃん八…木村靖司
猫舌のにゃん九…辰巳智秋
紙袋のにゃん十…田鍋謙一郎
猫糞のにゃん十一…山内圭哉
鼠殺しのにゃん作老人…勝部演之
○内容
お腹を空かせた野良猫たち。ある日、野良猫たちは鼠殺しのにゃん作老人から大きな池にとてつもなく大きな魚がいると教えられ旅へ出た。

 馬場のぼるさんの原作絵本を井上ひさしさんが脚本家した舞台です。だから、内容としてはほぼ絵本どおりです。”ほぼ”って書いたのは最後が違うから。「子どもと~」ってついているのにあの終わり方で良いのか?って思っちゃうような終わり方でした。(「大きな池の周りに野良猫の町ができ、にゃん太郎は初代首相になるけど仲間の陰謀により失脚。その後仲間に暗殺される」って内容なんですけどね…)ちなみに、テアトル・エコー版(初演版)とこまつ座版(決定版)とあるようなんですが、今回はテアトル・エコー版の方だそうです。
 さてまず、開演の5分前くらいからキャストの皆さんが席の間をウロチョロし始めます。で、時々お客さんをいじってました(笑)昨日も小さなお子さん(たぶん3~4歳くらい?)に話しかけてましたよ。
 それにしても、野良猫の設定だからしょうがないけどキャストの人たちの格好が汚い×2。そのまま外へ出たらホームレスと見分けがつかなそうでした。
 子どもも観れるお話だけど、時々ダークで毒のある作品でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

星合 [舞台関係]

ここ最近、本は読んでいるんですがBlogにアップする程の体力がなくてさぼっています。さて、昨日はあつをさん客演の舞台を観に行ってきました。感想です。

<星合>
○キャスト
浦嶋夏彦(謎の人)…大内厚雄
天川白鳥(鵲神社の宮司・郷土史家)…小手伸也
北見妙(白鳥の再婚相手・鵲神社の巫女)…長谷川葉生
天川十哉(白鳥の息子)…竜史
射手療子(南六亭の女将)…金子恵
射手航太(亮子の息子 漁師)…横田健介
御輿商子(観光協会理事・参郎の前妻)…善澄真記
御輿華乃(商子の娘・天文同好会学生)…和田真希子
野尻英雄(天文同好会大学院生)…大沼優記
林環(天文同好会会長)…大山真子
秤芽衣(天文同好会学生)…田口愛
秤麻衣(天文同好会学生)…古内啓子
河鼓朗(フィールドエコロジスト)…安倍康律
瓜畑恵里(レポーター)…澪乃せいら
牛島大地(ディレクターカメラマン)…初谷至彦
天川秀一郎(IASA(国際航空宇宙協会)代表)…町田誠也
川勝参郎(IASA開発主任)…今林久弥
三浦青輝(IASA技術主任)…島村比呂樹
三浦伴子(青輝の妻)…川島佳帆里
鬼塚豊(IASA宇宙飛行士)…井俣太良
鬼塚茜(豊の妹)…溝口明日美
高素妍(IASAエンジニア 韓国人)…石川カナエ
楊俊龍(IASA宇宙飛行士 中国人)…狩野和馬
Rakesh Chawla(IASAエンジニア インド人)…富田遊右紀
竹取詩織(IASA職員)…鈴木麻里
伊佐心(民俗学者)…菊岡理紗
○内容
IASA(国際航空宇宙協会)に勤務する川勝参郎は、10年ほど前に一緒に仕事をした後病に倒れ入院。失踪をした謎の男”浦嶋夏彦”と再び星合島で出会った。星合島では他の地方とは少し違った七夕祭りが始まろうとしていた。

 最初に劇場に入る時、スタッフさんから謎のペンダントみたいなのを貰いました。「なんじゃ?セキュリティの関係か?」なんて思っていたらLEDライトでした。で、もう作品もほぼ終わり。LEDライトの存在もほぼ忘れかけたころに皆で灯しましたよ。
 えっと、この作品は浦島太郎と七夕伝説と竹取物語と天女の羽衣が下地になっているのかな?まぁ、輪廻転生とか不老不死とかが主になっている作品です。切ない恋物語ですね。
 あつをさんは、今回は天女の羽衣を盗み天女を嫁にした男役でした。で、いろいろあって天女は普通の人間の女性”竹取詩織”として生まれ代わるんですが、あつをさんの方は輪廻せずに不老不死になって生き続けているって感じです。ある意味かなり精神的にいかがなものか?って思ってしまえる役です。格好いいって言うよりかなり不思議な役でした。
 不老不死…。自分が憧れない特殊能力TOP3の内の一つですね…。(ちなみに、不老不死・精神感応・霊感かな)なぜ、昔の人たちが不老不死に憧れを抱いていたのか私にはぜ~んぜん理解できません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 舞台関係 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。